SERVICE
MEDIA
自社開発SaaSサービス・メディア

サービス情報

制作・解析・コンサルティング
SPAIA広告配信サービス
自社開発SaaSサービス・メディア

INVESTORS RELATIONS

IR情報
IR情報

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、株主をはじめ、顧客、取引先、従業員、地域社会といったステークホルダーの利益を考慮しつつ、継続的かつ健全な成長と発展による企業価値の最大化が重要であるという認識のもと、コーポレート・ガバナンス体制の強化に努めております。具体的には、取締役会、監査役会、会計監査人、内部監査を通じて、適法性の確保及び企業経営の効率性確保、不正防止体制、リスク管理体制及びディスクロージャー体制の確立等を行っております。

企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

当社は監査役会設置会社の機関設計を採用しております。当社が監査役会設置会社を選択する理由は、業務執行と監査機能を分離することが、牽制機能を最大限に発揮させ、経営の透明性が確保されると考えるためであります。また監査役会の活動を通じて、当社を取り巻く事業環境の変化や、業務内容の多様化にスピーディーに対応し、一層のコーポレート・ガバナンスの充実を図ることが可能になると考えているためであります。
当社は、取締役のなかに社外取締役を採用し、監査役全員が社外監査役であることから、外部の視点から経営監視機能は有効に機能していると判断し、現在の体制を採用しております。

コーポレート・ガバナンス体制図

scroll
コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス報告書

当社は東京証券取引所に「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を提出しております。

    PDFファイルをご覧になるためには最新のAdobe Acrobat Readerが必要となります。Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズのサイトより無償でダウンロードできます。

    PDFファイルをご覧になるためには最新のAdobe Acrobat Readerが必要となります。
    Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズのサイトより無償でダウンロードできます。